原点回帰と進化

こんばんは。

代表の的場です。

 

私たちの活動を見守って頂いている皆さまにとって、私が最近ブログの更新を怠り気味であったため、レイズの活動は最近どうなっているのかなって、ご心配頂いてかもしれません。申し訳ございません。

 

はい

レイズの活動は

ちゃんと続いております。

 

正確には

指導役のセラピストの退任を受けて以降

この半年ほど、コアメンバーさん方と共に、活動のあり方について、ずーっと模索が続いておりました。

 

模索の中で、一番心配していたのは、西淀川を中心とした、活動を支えて頂いてるコアメンバーさん達が、模索が長引いてしまうと、活動参加を続けて頂けるかどうかでしたが、レイズ発足当初から参加頂いているメンバーさんを中心に、活動のあり方について、あーでないこーでないと議論を継続頂けました。

 

また、代表者の私は私で、そんなコアメンバーさん方のご様子拝見しながら、指導役講師不在の中、活動のあり方について、いろいろ、ほんとにいろいろ考えておりました。

 

もちろん

指導役がいなくなったからといって、解散する気なんてサラサラなく、じゃあどーすんの?って、半年ほど悩みました。

 

コアメンバーさん方と

何度も何度も、何度も議論しました。

 

そして、やっと、コアメンバーさん方もこれなら続けていけるとご納得頂く、新しい活動のあり方がまとまりました。

 

その内容を

これからお伝えさせて頂きます。

 

まず、活動のあり方の原点から。

 

レイズの活動で一番大切なこと。

それは

「介護にアロマを取り入れると、楽しいッ!」

です。

 

原点回帰です。

 

レイズは、介護アロマ活動で4年余りも続いている団体ですが、組織としてはまだまだ全然整備されていません。

 

組織としての整備が大切なことは理解しているのですが、まず優先すべきは、

 

「活動やってて、楽しいッ!」です。

 

どんな事柄でも、まずは取り組んでいることに悦びが感じられなければ、続きません。

 

この半年間のコアメンバーさん方との議論の中で、メンバーさん方が一番痛切に感じていたのが、「レイズ活動を始めたばかりの頃の、介護アロマの楽しさを、もう一度思い出そう、取り戻そうッ!」でした。

 

当然ながら

私も、「そうだよねえ~」って

心からの同意でした。

 

そして、コアメンバーさん方の中には有資格者もいるのですが、多くは、素人レベルながらハンドケア活動を中心に、アロマ使い始めて4年余り。

 

目が肥え始めてきています。笑笑

 

この人たちが納得のいく活動を

どうやって継続していくのか。笑笑

進化しなければ

皆さん辞めてしまいます。汗

 

私もずいぶん悩みました。汗

 

でもなんとか

コアメンバーの皆さんにご納得頂ける、新たな活動内容がまとまりました。

 

話が長くなりそうなので

今日はここまでにしておきます。笑笑

 

つづく。笑

 

※ 写真は、そのコアメンバーさん方。

  7人の女子サムライと

  少年とオッサン。

  全員揃った写真がないので

    ひとまずこれで。汗