7日のレッスンの時に使用した精油について

レイズにてアロマ指導の担当をしています中谷です。

先日のハンドケアレッスンで使用しました精油の解説を更にさせていただきますね。

 

レモンマートル

レモンマートル精油はオーストラリア・クイーンズランド州原産のユーカリの仲間「レモンマートル」の葉から抽出されたエッセンシャルオイルで、学術名は「Backhousia Citriodora」と言います。 

レモンマートル精油抽出に使われるのは、葉の部分です。 

レモンマートルは柑橘系の植物ではないにもかかわらず「レモンよりもレモンらしい香り」と言われ、日本人には大変なじみやすい、さわやかな香りが特徴です。 

レモンマートルは、オーストラリア先住民であるアボリジニの人々には古来から「肌によいハーブ」として知られ、「薬草」として使われてきました。  

◇効果効能◇ 

レモンの香りによる心の安定と集中力 

また肌の艶やかさを取り戻し、美肌効果も。 

近年の研究では免疫力向上もいわれています。 

血圧降下・抗ウイルス・抗炎症・抗菌・殺菌・消毒・鎮静・鎮痛・デオドラント・腐敗防止・水虫予防 

◇注意事項◇ 

妊娠中や授乳中の方は使用できません。 

香りがとても強いので極少量づつ使用して下さい。 

皮膚に刺激があるので、使用濃度に注意が必要です。

(最高濃度:顔には0.5%,他には1%) 

光毒性はありません。紫外線を気にせず使用できます。 

 

ユーカリラディアータ

ティートリーと同じフトモモ科で南オーストラリアが原産の樹木です。

オーストラリア先住民族(アボリジニ)は古くから、創傷の包帯代わりにしたり、感染症や発熱の治療・呼吸器系の不調の際に利用したりと民間医療・医薬として重宝していたと考えられています。

ユーカリ・グロブルスと成分が似ており、比較的作用が穏やかです。

その為、適切な使用方法を確認の上、子供や高齢者にも使用可能な精油です。

主要成分はオキサイド類の1,8-シネオールですが、ユーカリ・グロブルスに比べ含有率が少なく、全体の約60~70%です。

◇効果効能◇

不定的な気持ちになっているときや、精神的に疲れを感じているときに、心に余裕を取り戻してくれる香りです。今までの自分自身の凝り固まった考えではなく、新たな考えを受け入れたいときなどにおススメです。

痰を切り、鼻水や鼻づまりを解消する作用があり、風やインフルエンザ、花粉症など、鼻やのどのトラブルに優れた効果を発揮します。

作用が穏やかなので、使用方法を注意の上、子供や高齢者にも使用可能です。

脂性肌のケアに用いられています。抗炎症作用があるので、膿を持つようなニキビのケアなど有効です。

シャンプーに加えると、フケの予防にもなり、また、余分な脂を落として頭皮を刺激するので、育毛効果も期待できます。

◇注意事項◇

妊娠初期は使用を控えましょう。

(※書籍によっては利用できるとしているものもあります)

皮膚刺激を感じる場合がありますので、敏感肌の方は注意してください。

 

ティートリー

なんと言っても優れた殺菌力です。原産国のオーストラリアでは、原住民のアポリジニーの間で、ティートリーは怪我や皮膚の治療薬として使われていました。

またティートリーの葉はお茶として使われていたので、名前の由来「ティー・ツリー(Tea Tree)」になっています。それだけ長い間、アボリジニーには身近な植物だったのです。

もっともアロマオイルとしてアロマテラピーに利用されてからの期間は長くなく、その高価と効能が見逃されてきたともいえる植物なのです。

 

◇効果効能◇

シャープで清潔感のある香りに、リフレッシュ効果があります。気持ちが沈んでいるときに気分転換で利用すると良いです。

また、香りが頭をスッキリとさせ、集中力や記憶力アップに役立ちます。

抗菌、抗ウイルス作用があり、呼吸器系の不調や、風邪やインフルエンザなどの感染症、花粉症に効果があります。ニキビや傷、水虫に役立ちます。

免疫賦活作用があり、白血球を活性化する効果があります。

また、抗炎症作用もあり、蜂やノミなどの虫刺されの治りを早くする効果があります。

◇注意事項◇

皮膚感作作用があるので注意が必要

開封後半年を過ぎたものは肌に塗布しない