今日は、今まで一番内容の濃いレッスンでした!

メンバーの前田さんによるバスボム作り講座。

 こんばんは。レイズ代表の的場です。

 今日のエルモ西淀川でのレッスンのレポートです。

 今日は、総勢12名もの方々にお集まり頂いてのレッスンでした。だんだん平均参加人数も増えてきております。嬉しい限りです。

        前田さんと志奈さん、バスボム講座の準備中。
        前田さんと志奈さん、バスボム講座の準備中。

 で、今日のレッスン目玉は、メンバーの前田さんによる、バスボム作り講座!

 前田さんは、実はAEAJアロマセラピスト資格をお持ちの方!

 これまでご家庭のことや、お仕事のことでお忙しく、せっかく資格を取っていたけれど、なかなかセラピストの資格を活かすことができなかったとのこと。

 それを見かねた現役セラピスト講師の志奈さんが、前田さんに、前田さんが講師になって、バスボム講座をやろうとお話差し上げ、2人で今日の講座まで、時間をかけて準備をしてきて下さっての、今日の講座でした。

皆さんがハンドケアレッスンに取り組んでいる間も、ひたすら講座の準備
皆さんがハンドケアレッスンに取り組んでいる間も、ひたすら講座の準備

 前田さんは、普段、老人保健施設の現場の介護職員をされておられる介護福祉士さん。昨年夏くらいからご参加され始め、せっかくのアロマセラピストの資格をなんとか介護で活かしたいとのご希望で、レイズ活動にご参加。

 以来、コンスタントにご参加頂き、レイズの各種イベントでも、お年寄り方、現場職員さん方にハンドケアを差し上げて頂き、代表の私も、活動を助けて頂いているおひとりです。

 皆さん方がハンドケアレッスンをされている間も、ひたすら前田さんと志奈さんは、講座の準備。

 いつものハンドケアレッスンも、参加人数が多いこともあってか、心なしかなり賑やか。笑

 お写真で、賑やかさが伝わりますでしょうか。

さて、いよいよ前田さんのバスボム講座、開催!

 前田さんは普段は現場の介護職員さん。

 講師を生業にされておられる訳ではなく、介護の現場でお年寄り方をお相手に、穏やかな声かけをされながら介護の仕事をされておられます。

 そんな前田さんが、現役セラピスト講師のアドバイスを受けながら、お二人で入念に準備をされて今日の講座に臨んで頂きました。前田さん、緊張もされたでしょう。でも初めての講師お立ち台として、なかなか上手に皆さまへのレクチャーをなさっておられました。

 下にある2本のムービーは、前田さんの講座の様子です。こうやって、せっかく資格を取っても活かすことができなかった方が、レイズの活動を通じて、再びセンスを磨いていって、ご本人様にとって、アロマセラピーの資格を活かすことになり、喜んで頂けるのであれば、レイズ代表者としても、嬉しい限りです。

 こんな感じで、レッスンは、笑顔がこだまする中、無事に楽しく終えて頂くことができました。

 自画自賛になりますが、アロマセラピーのボランティアとしては、なかなかの水準であると思います。メンバーの皆さん方が、介護にアロマをどうすればうまく取り込むことができるか、創意工夫を重ねて頂いております。

 持てる知識、技術、メンバーのお力をお借りしながら、現状を楽しむだけでなく、発展的に、創造的に活動に取り組んでいこうとする感じが、こういったメンバーさんの持てる能力再生を兼ねたバスボム講座開催といった取り組みを通じて感じさせて頂きます。前田さのバスボム講座を通じて、レイズの持つエネルギーを感じました。熱い仲間の皆さん方にほんとうに感謝です。

セラピストさん方多数参加。かつてない、場のエネルギーの高いレッスンとなりました!

     セラピストの美しいレディースの方々。笑
     セラピストの美しいレディースの方々。笑

 また今回のレッスン今回のレッスンでもうひとつの特筆事項は、セラピストさん方の参加人数が多かったことです。ご参加頂いた方12名のうち、5名がセラピストさん。

 目に見えない世界のお話なので、うまくお伝えができるかどうかなのですが、また私の色メガネかもしれませんが、介護方の方々に加え、セラピストさんが多くおられることで、レイズの当初目的の介護とアロマの融合からくるエネルギーの高まりを感じました。

 介護方の人たちにとっては、アロマセラピーの持つ癒しの力を感じられ、セラピストの方々にとっては、ご自分方の癒やしのエネルギーの向け先があるといったものを感じました。私の色メガネもあるかもしれません。笑 今回は人数が多かったからかもしれません。笑 でもやはり今日はいつもと空気が違っていました。

 セラピストの方々は、皆さん西淀川区以外の、遠方からお越し頂いております。中には神戸からお見えの方もおられました。日中のお仕事が引けてからのお疲れのところ、わざわざ西淀川までお越し頂いてありがとうございました。

 またお集まり頂いたメンバーさん方も、やはり中には遠方から来られた方もおられました。総勢12名、ほんとに笑いこだまする中でのレッスン、今日はほぼ撮影係の私も、レンズ越しに写る皆さんの楽しそうな表情に救われる想いでした。ありがとうございました。m(_ _)m

西淀川区の市会議員さんも見学に来て頂きました!

荒木先生、志奈さんにアロマのこと、いろいろ質問なさっておられます。
荒木先生、志奈さんにアロマのこと、いろいろ質問なさっておられます。

 さらにもうひとつ今日は特筆事項がありました。

 地元西淀川区選出の大阪市会議員の、荒木幹男先生がお見え頂いたことです。

 荒木先生とは、今日日中別件でお話させて頂いている中で、私がレイズの活動に取り組んでいることをお話差し上げると、ご関心を持って頂き、活動の場を見たいとのお申し出を頂きました。

 それで今日のご見学となりました。こういった公人の方に、レイズの活動を存じて頂き、レイズ活動が地域の社会資源として捉えて頂くことができれば、代表の私としては幸いかなって感じます。

 荒木先生、お忙しいのに、わざわざお顔出し、ありがとうございました。m(_ _)m

マスコミを賑わす残念な介護の報道を見るに付け、介護アロマの力を感じます。

 さて、文章が長くなってきました。汗

 レイズの活動目的は、お年寄り方の介護にアロマセラピーが役立つことも、もちろん大切な目的ですが、それのみならず、介護の現場で働かれる皆さん方が、レイズの活動に参加され、アロマに触れることにより、心をもう一度持ち直して頂きたい、このことがレイズ活動の大きな使命と想っております。

 

 最近の介護に関する残念な報道を見るにつけ、聞くにつけ、介護の現場で頑張る職員さん方、ご家族さん方の心を支えていく仕組みの重要性を強く感じます。多くの場合、介護の現場の大変さが話題に上がるとき、よく語られるのが人手不足のことです。確かに人手不足も深刻な問題かと思います。

 それと共に、私が強く感じるのが、職員を支える仕組みの貧弱さです。

 現場職員の職員の処遇を改善するってことが話題に上がるときによく語られるのが、給与、賃金の改善のことです。

 もちろん働いたことに対する対価が向上することが大事であることは否定致しません。

 でも私個人の想いとしては、お給料も大事ですが、介護の仕事自体がもっともっと魅力的なものにしていくことの方が大切なのではないかと思います。

 介護の仕事は確かに高齢者のお下のお世話、入浴のお世話、食事のお世話、認知症への対応と、心身共にフル回転のお仕事です。

 にもかかわらず、特にマスコミの皆さん方は、介護の仕事のネガティブな側面への報道が、余りに偏っていないでしょうか。それに連れて多くの国民の皆さま方も、介護についてネガティブに反応する方向に向かっていないでしょうか。

 私が想うのは、介護の中に癒やしのシステムを入れることにより、その見方が変わるのでないかと思っております。アロマセラピーのような癒しの仕組みを取り入れることにより、まずはフル回転で疲れた身体を癒し、またハンドケアを通じてケアをし合う方々同士で対話が生まれ、お互いをいたわり、介護の仕事がもっと人間的に、情緒的になってくるのではないかと思います。

 増え続ける高齢者人口、全然追いつかない介護の現場職員の補充。

 そうであれば、現時点で現場で働かれている人たちを大切にすることを考えていかないと、先日の報道のような、残念で悲しい老人ホームでの虐待事件が、またどこかで起きてしまうのではないかと感じます。

 もちろんアロマセラピーだけが改善の方法とは思いません。でも、その力は、非常に大きいと感じております。

 レイズの活動を通じて、介護の現場に癒やしの考え方、システムを取り入れるという発想が、日本の介護の世界に広く普及することを祈ります。

 長文最期までお読み頂きまして、ありがとうございました。

                  m(_ _)m