初のリラックスカフェ レイズ 開催しました。

レイズの定番、ハンドケア。 穏やかに、にぎやかに時が過ぎていきます。
レイズの定番、ハンドケア。 穏やかに、にぎやかに時が過ぎていきます。

お久しぶりのブログ更新となりました。

いつもレイズのブログをお読み頂いている皆さま方、ありがとうございます。


 今日、昨年末から予定していた、リラックスカフェ レイズを開催いたしました。レイズのベースであるアロマハンドケア、そして焙煎コーヒー、そして今回は、ウクレレ演奏のPilialoha♡ukuleleさんをお迎えして、レイズで初の試みであるリラックスカフェを開催させて頂きました。


  初めての開催ということもあり、準備に関してうまくいかないこともありましたが(汗、なんとか時間どおりに終えることができました。


Pilialoha♡ukuleleの3人さん。 Pilialohaとは、親しい友の交わり、大切な仲間付き合い、愛情のある又は優しい関係を持つ  と言う意味だそうです。
Pilialoha♡ukuleleの3人さん。 Pilialohaとは、親しい友の交わり、大切な仲間付き合い、愛情のある又は優しい関係を持つ と言う意味だそうです。

 今回特筆すべきことは、ウクレレ演奏グループの、Pilialoha♡ukuleleさんにお見え頂き、ハンドケアのアロマの香り、焙煎コーヒーの香りの中、穏やかな穏やかなウクレレの音色を聞かせて頂きました。ハンドケアは、それはそれでゲストの皆さま方レイズメンバーと、いつもより長めの時間でゆっくりと歓談しながら楽しんで頂き、その後、ウクレレの演奏に、皆さまじんーわりと、聴き入って頂きました。端から見ている私にも、皆さまの表情が、何か、感慨深い表情になって頂けていることが感じ取れ、主催者側の私としては、ちょっとホッとしました。Pilialoha♡ukuleleの、笹木さん、藤田さん、小泉さん、美しい穏やかな演奏と歌声、本当にありがとうございました。


よりよいリラックスカフェ開催へ向けて - 介護アロマを五感で感じて頂くために -

イタリアンレストランでの反省会の様子。結構話し合いしました。
イタリアンレストランでの反省会の様子。結構話し合いしました。

 リラックスカフェの後で、参加メンバー集まって、反省会&お開き会も開催しました。初の開催ということもあり、準備に関する初歩的なミスorzや、介護の現場に慣れているつもりでも、リラックスカフェ進行上の様々な課題が、開催してみて初めて見えてきたことも、いくつかございました。これらの改善点を、リラックスカフェを開催する毎に解決していければと思います。

 レイズがリラックスカフェで実現したいのは、アロマセラピーを、触覚、嗅覚、聴覚、味覚、視覚の五感で感じて頂くこと。五感を心地よく刺激することにより、もう一度、生への感覚を取り戻して頂き、心軽やかに、介護に取り組んでいけるようにすること、それが、リラックスカフェの狙いです。


 でもまあ、レイズメンバーの皆さんも、Pilialoha♡ukuleleも、ほんとに好きだから活動を続けられるんですね。

 私たちが行っているのはボランティア活動です。

 この前もセラピストリーダーの志奈さんと、「レイズの活動、よく続くよなあ」って会話をしてたのですが、その根底にあるのは、繰り返しますが、「好きだから」。

 よくボランティアについて回るイメージは、「奉仕の精神。」

 もちろんそれは大切な事だと思います。人様の為に、無償の愛で奉仕できることは、尊い事だと思います。

 でもそれ以前に大切なことは、自分がしていることを愛せること、単純に「好きであること」。これがないと、ボランティアは続かないと思います。

 そして、自分がしていることを愛することができる故に、マンネリ化させず、今後も創造的にアロマセラピーと介護に関わっていければと感じます。レイズの活動は生きものだと思っています。介護アロマをテーマに、様々な、新たな取り組みに挑んでいければと思います。リラックスカフェは、その第一弾。回を重ねて、磨きをかけて、より良いものにしていけたらなって思います。


 もう一度最後に、ご参加頂いたゲストの皆さま、Pilialoha♡ukuleleメンバーさん、レイズのメンバーさん方、今日は貴重な時間をリラックスカフェ レイズでシェアして頂きましたこと、深謝申し上げます。


m(_ _)m